USB機器 人感センサー 人感センサー エスアンドディ

S&D systems 電話番号

受付時間:9:00~18:00(土日祝休)

USB人感センサ ”LH001”

簡単検出!モーション検出型(焦電型)人感センサ

“LH001”はモーション(人の動き)に反応し、人体動作/人体有無を検出できるセンサです。
HIDキーボードデバイスとして認識し、人体検出でキーコードを出力(キーを押下する)するため、
キー入力を監視するだけで 簡単に組み込みが可能です。簡単/簡易に人体検出を行いたい用途に最適な、
USB人感センサーエントリーモデルです。  

※本製品はソフトウェア組み込み用途向け製品です。

特徴

簡単接続/簡単検出 -HIDキーボード出力でキー監視のみで人体を検出

HIDキーボードデバイスのため、USBケーブルでPCに接続すると自動的にキーボードとして認識し、そのままご使用可能です。人体を検出すると設定キーが押下されますので、設定キーを監視するだけで簡単に人体検出ができます。

設定変更も簡単 -専用設定ソフトが付属

キー出力方法/キーコード/OFF監視時間の設定変更が可能です。付属の設定変更ソフトにより簡単に設定を変更できます。設定は本体に保存されるため、PCの変更/OSの変更(Windows/Linuxなど)時も有効です。(※付属設定用ソフトウェアはWindows向けとなります。)

設定変更により設定可能なキーコードは以下のリンクの一覧をご覧ください。 →キーコード一覧

OFF監視タイマー機能搭載で人体動作/人体有無を検出可能

人体の動作反応が無くなってから一定期間監視を行うOFF監視タイマー機能を内蔵しており、監視時間を調整することで人体有無を検出(みなし)が可能です。

例)エリア内に人の動き(侵入)を検出したらON出力(キーを押下)
      → 人の動きが無くなってから3秒以上たったらOFF出力(キーを離す)

専用設計筐体により、設置時の角度調整や設置後の微調整も可能

完全自社設計/デザインの専用筐体により、設置時/設置後の角度調整が可能です。これによりセンサエリアを微調整したり、商品棚裏や、モニタ下部など目立たない場所への取り付けも簡単です。

キーコード変更機能により複数センサの管理も簡単

キーコード変更機能で、センサに出力キーを自由に割り当てられます。センサに個別の出力キーを割り当てることで、同一システム内に複数台のセンサを接続しても各センサの出力を個別に取得することが可能です。

カスタマイズもお受けできます。

複数複合キーや文字列入力などのカスタマイズもお受けできます。お気軽にお問い合わせください。

こんな時に・・・。(使用用途)

デジタルサイネージでの案内開始キーとして

トイレや更衣室などプライバシーゾーンでの人体有無検出

セキュリティエリアでの人体侵入検知、カメラ録画開始キーとして

工場などでの人体到達検出→作業完了カウント/効率見える化

仕様

機能
項目
インターフェース USB2.0フルスピード
対応OS Windows10(推奨)
Windows7
Linux
通信プロトコル HIDキーボード
出力 キーコード
電源 USBバスパワー(DC+5V)

※Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

特性
項目
検出必要温度差 4℃以上※背景との温度差
検出距離 Max.5m
視野角 水平方向 82°(±41°)
垂直方向 94°(±47°)
消費電流 最大100mA以内
動作温度範囲 5℃~40℃
OFF監視タイマー設定可能時間 0~180秒
製品寸法

単位:[mm]

製品カタログ

製品カタログpdfを以下のリンクからダウンロードいただけます。

→“LH001”カタログのダウンロード

その他の人感センサラインナップ

HC001シリーズならより高度な人体検出が可能です。
製品の詳しい情報は以下の画像をクリックして専用ページにお進みください。

ご購入者様資料ダウンロード

当社機器ご購入のお客様,下記のページよりテストツールや資料等をダウンロードいただけます

※ダウンロードに際してはご購入の際に添付されておりますログインIDとログインパスワードが必要です。

お問い合わせ

製品の資料、お見積り、その他ご質問などは以下の問い合わせページよりお気軽にお問い合わせください。